top of page
長崎PRO.jpg

長崎邦彦 Kunihiko Nagasaki

脚本家・俳優トレーナー・映像クリエーター

福岡県久留米市出身。1987年生まれ。日本大学芸術学部映画学科脚本コース卒。
「世界を肯定すること」を目的に創作活動を始める。日芸にて、脚本、撮影を学び、卒業後、中村英児監督作品映画『TOKYO BEAT MOVIES』下町編に演出部として参加。その後、脚本家、演技トレーナとして活躍。10年以上のキャリアを持つ。演出、撮影、録音、編集の技術も持ち、多角的に創作活動に取り組むことを得意とする。青春、ホラー、サスペンス、恋愛等、ジャンルを問わず200作品以上の作品を執筆。演技トレーナとしても、10年以上のキャリアがあり、脚本家の視点からの建設的な指導は俳優陣から大きな信頼を得ている。
現在の座右の銘は「素直さ・ひねくれ・センスオブワンダー」

劇場公開映画 Good Luck My Road

『Good Luck My Road』 予告
監督・プロデューサー 中村英児
出演 
安藤勇雅 井筒しま 登峯一 宙海 武居翼 春風亭㐂いち NATALIE 結城和子 多田彩子 本間貴士 藤間晴馨 
脚本 長崎邦彦 / 撮影 宇野寛之 / 音楽 
本間貴士 
2023年/日本/DCP/カラー/ステレオ/115分
2023年12月 池袋シネマロサにてロードショー公開(2週間)

​2024年4月 ユナイテッド・シネマ橿原にてロードショー公開(2週間)

​順次全国公開予定

writer's thoughts

奈良県、吉野を舞台にしたロードムービーです。企画・現地での取材から関わりました。
この映画のテーマは「縁」です。作品のストーリーはもちろん、制作上でも「縁」が繋がり、制作できた作品です。
実際に現地に赴き、その土地で生活している方々の声、伝承の中に生きた人々の声、吉野、天川の地に流れる空気。
それらを拾い上げて書き起こした作品です。だから、一から自分が書き上げたというよりも、様々な人の思いを代弁して形にしたという感覚が強いかもしれません。
映画公開時の舞台挨拶でも言いましたが、義経と静御前の続編を書いたという思いがあります。

脚本家って他の文筆業よりも、誰かの思いを形にするという要素が強いと自分は思っています。今までクライアントと関わった各作品もクライアントに取材し、その思いを形にするというところがありました。それらの経験が活きた作品だと思います。
もちろん自分の思いも作品に組み込みました。フェイスブックでも書きましたが、「Good Luck」とは自分の原体験から名付けてますし、クライマックスの主人公のヒロインへの言葉は自分として書きたかったセリフです。緑のおもちゃの刀も自分が子どもの頃に持っていた刀です。

ストーリーは王道であり、多くの方に共感できるものとなっています。主人公と一緒に吉野の空気感を感じていただければ幸いです。

​長崎 邦彦

corporate promotion

企業・個人のプロモーション作品の脚本を執筆しています。ここでは2つの事例を紹介します。

▶️ 埼玉工業株式会社|設立物語 (2018年)

writer's thoughts

埼玉県日高市にある自動車部品の生産会社、埼玉工業株式会社(アイシングループ)の設立物語です。設立50周年を記念して依頼されました。

動画の後半にある創業当初の社員の方々のインタヴュアーもさせていただきました。その日は真夏の暑い日で、日差しがとても強かったのを覚えています。暑い中、貴重なお話を聞かせていただきました。テーマは埼玉、日高に根付くことです。自分も長く埼玉に住んでいるのでその気持ちに共感し、共鳴し、脚本を執筆させていただきました。土地には物語があります。生活の息吹があり、人々の歴史があるのです。パワーがあるとも言ってもいいのかもしれません。実際に取材に日高に行ったこと、撮影も実際の工場を使わせていただき、その地に根付く物語を肌で感じさせていただきました。

​この経験は映画「GoodLuckMyRoad」にも繋がっています。

​長崎 邦彦

WEB短編ドラマ 監督作品(YOTUBE「チャンガレ」短編ドラマ)

チャンガレ ツイッターメイン画像.jpg

OUTUBEチャンネル「チャンネルガレージ【チャンガレ】短編ドラマチャンネル」

 

▶長崎邦彦が脚本を手かげた短編ドラマチャンネル。その作品数は200を超え、そのラインナップは青春、ホラー、サスペンス、恋愛など多岐にわたる。一部作品では、長崎が監督を務めた作品もあり。2020年8月時点で3500人のチャンネル登録と160万再生を獲得し業界内外から注目されている。

→ チャンネルガレージ【チャンガレ】短編ドラマチャンネル

映像演技ワークショップ【アクトガレージ】

アクトガレージ ツイッターメイン画像.jpg

中村英児が主宰の映像演技ワークショップ【アクトガレージ】。2019年で10周年を迎え、多くの受講生から絶大な信頼を得ている。未経験者からプロまで幅広く演技指導を行う映像演技に特化したワークショップ。

​→ 映像演技ワークショップ【アクトガレージ】

関連リンク

長崎PRO.jpg

長崎邦彦 Kunihiko Nagasaki

脚本家・俳優トレーナー・映像クリエーター

福岡県久留米市出身。1987年生まれ。日本大学芸術学部映画学科脚本コース卒。
「世界を肯定すること」を目的に創作活動を始める。日芸にて、脚本、撮影を学び、卒業後、中村英児監督作品映画『TOKYO BEAT MOVIES』下町編に演出部として参加。その後、脚本家、演技トレーナとして活躍。10年以上のキャリアを持つ。演出、撮影、録音、編集の技術も持ち、多角的に創作活動に取り組むことを得意とする。青春、ホラー、サスペンス、恋愛等、ジャンルを問わず200作品以上の作品を執筆。演技トレーナとしても、10年以上のキャリアがあり、脚本家の視点からの建設的な指導は俳優陣から大きな信頼を得ている。
現在の座右の銘は「素直さ・ひねくれ・センスオブワンダー」

劇場公開映画 Good Luck My Road

『Good Luck My Road』 予告
監督・プロデューサー 中村英児
出演 
安藤勇雅 井筒しま 登峯一 宙海 武居翼 春風亭㐂いち NATALIE 結城和子 多田彩子 本間貴士 藤間晴馨 
脚本 長崎邦彦 / 撮影 宇野寛之 / 音楽 
本間貴士 
2023年/日本/DCP/カラー/ステレオ/115分
2023年12月 池袋シネマロサにてロードショー公開(2週間)

​2024年4月 ユナイテッド・シネマ橿原にてロードショー公開(2週間)

​順次全国公開予定

writer's thoughts

奈良県、吉野を舞台にしたロードムービーです。企画・現地での取材から関わりました。
この映画のテーマは「縁」です。作品のストーリーはもちろん、制作上でも「縁」が繋がり、制作できた作品です。
実際に現地に赴き、その土地で生活している方々の声、伝承の中に生きた人々の声、吉野、天川の地に流れる空気。
それらを拾い上げて書き起こした作品です。だから、一から自分が書き上げたというよりも、様々な人の思いを代弁して形にしたという感覚が強いかもしれません。
映画公開時の舞台挨拶でも言いましたが、義経と静御前の続編を書いたという思いがあります。

脚本家って他の文筆業よりも、誰かの思いを形にするという要素が強いと自分は思っています。今までクライアントと関わった各作品もクライアントに取材し、その思いを形にするというところがありました。それらの経験が活きた作品だと思います。
もちろん自分の思いも作品に組み込みました。フェイスブックでも書きましたが、「Good Luck」とは自分の原体験から名付けてますし、クライマックスの主人公のヒロインへの言葉は自分として書きたかったセリフです。緑のおもちゃの刀も自分が子どもの頃に持っていた刀です。

ストーリーは王道であり、多くの方に共感できるものとなっています。主人公と一緒に吉野の空気感を感じていただければ幸いです。

​長崎 邦彦

corporate promotion

企業・個人のプロモーション作品の脚本を執筆しています。ここでは2つの事例を紹介します。

▶️ 埼玉工業株式会社|設立物語 (2018年)

writer's thoughts

埼玉県日高市にある自動車部品の生産会社、埼玉工業株式会社(アイシングループ)の設立物語です。設立50周年を記念して依頼されました。

動画の後半にある創業当初の社員の方々のインタヴュアーもさせていただきました。その日は真夏の暑い日で、日差しがとても強かったのを覚えています。暑い中、貴重なお話を聞かせていただきました。テーマは埼玉、日高の地に根付くことです。自分も長く埼玉に住んでいるのでその気持ちに共感し、共鳴し、脚本を執筆させていただきました。土地には物語があります。生活の息吹があり、人々の歴史があるのです。パワーがあるとも言ってもいいのかもしれません。実際に取材に日高に行ったこと、撮影も実際の工場を使わせていただき、その地に根付く物語を肌で感じさせていただきました。

​この経験は映画「GoodLuckMyRoad」にも繋がっています。

​長崎 邦彦

WEB短編ドラマ 監督作品(YOTUBE「チャンガレ」短編ドラマ)

チャンガレ ツイッターメイン画像.jpg

OUTUBEチャンネル「チャンネルガレージ【チャンガレ】短編ドラマチャンネル」

 

▶長崎邦彦が脚本を手かげた短編ドラマチャンネル。その作品数は200を超え、そのラインナップは青春、ホラー、サスペンス、恋愛など多岐にわたる。一部作品では、長崎が監督を務めた作品もあり。2020年8月時点で3500人のチャンネル登録と160万再生を獲得し業界内外から注目されている。

→ チャンネルガレージ【チャンガレ】短編ドラマチャンネル

映像演技ワークショップ【アクトガレージ】

アクトガレージ ツイッターメイン画像.jpg

中村英児が主宰の映像演技ワークショップ【アクトガレージ】。2019年で10周年を迎え、多くの受講生から絶大な信頼を得ている。未経験者からプロまで幅広く演技指導を行う映像演技に特化したワークショップ。

​→ 映像演技ワークショップ【アクトガレージ】

関連リンク

bottom of page